施設日記

2019.9.14
すげの里の「薪」
今日は、薪割りをしました。
すげの里にとって「薪」は、とても重要な位置づけにあります。
自給自足によるかつての里山の暮らしを参考に、エコで自然にやさしい循環型の暮らしを意図して、薪ボイラーや薪ストーブを導入しています。
薪ボイラーには、針葉樹【スギ、ヒノキ】(着火しやすく火力が強いが、火持ちが悪い)を使用し、薪ストーブには、広葉樹【アベマキ、カシ、クリ、サクラ、シバ等】(着火しずらいが火持ちが良い)を使用しています。
また、石窯にも広葉樹を使用しています。